• 無料サンプル申込 無料サンプル申込 応募する
  • 0120-34-9017

    営業時間9:00〜21:00

新着情報

2018.11.19

西日本豪雨災害支援(11/5~11/8)

  • 支援活動

◆11月5日(月)

【総社市昭和の「昭和仮設住宅」と総社市秦の「西仮設住宅」で、元気カーのお披露目会と茶話会を開催】
・本日は、総社市昭和の「昭和仮設住宅」と総社市秦の「西仮設住宅」で、元気カーのお披露目会と茶話会を開催しました。内容は、牛乳、コーヒー、チキンライス、豆腐、パン、練り製品、お菓子、漬物、果物の試飲・試食と、元気カーでの販売でした。
・昭和仮設住宅は25 名、西仮設住宅は15 名来場されました。
・昭和仮設団地では、何人来てくださるのかがとても心配でしたが、自治会長の計らいで地域の方々にも事前にお声かけいただきました。自治会長とお話をしたところ、「仮設住宅だけの関係ではなくて、地域に開かれた仮設住宅でありたい」とのことでした。よって、今後のイベントについても必ず「地域」を意識して開催していきたいと言われていました。特に「餅つき」については、先日の会議でも「みんなで餅つきをしたいな~ 」との声があがっていたそうです。
・元気カーでの買い物は、避難所でグリーンコープ商品のファンになっていただいた方が「このマヨネーズが美味しいのよね~ 」とお友達に自慢げに話をされていました。
・西仮設住宅では、今回がはじめてのイベントとなり、住民の方の初顔合わせの場ともなりました。ある方から、「避難所で食べものが不足している時期に食べものを持ってきていただいてありがとうございました」と深々とお礼をされました。自治会長から、「はじめてなのに、こんなにたくさんの方に来ていただいてうれしい、せっかくなので、みなさんとまた集まって話でもしましょう、ということで、まずは、ゼロのつく日( 1 0 日、2 0 日、3 0 日)に集まるようにしました。グリーンコープさん、またお手伝いをぜひお願いいたします」と言っていただきました。
・総社市の職員の方から、「大変ありがとうございました。」と言われたとともに、「他の被災している地域でもこのような取り組みをしたいので、ぜひまたご協力をお願いいたします」とのことでした。

◆11月6日(火)

【倉敷福祉プラザ】
・支援物資として、びん牛乳1本、カフェミルク1本、ヨーグルト10パック、豆腐5パック、めかぶ5パック、生活応援セット4をお届けしました。

【クリーンセンター】
・支援物資として、びん牛乳2本、カフェミルク2本、ヨーグルト10パック、豆腐5パック、めかぶ5パックをお届けしました。

【ぶどうの家】
・支援物資として、びん牛乳2本、カフェミルク2本、ヨーグルト10パック、豆腐10パック、めかぶ10パック、甘酒1ケースをお届けしました。

◆11月7日(水)

地域組合員とまきび荘のスタッフさんで汁物を作り、船穂公民館の夕食時にお届けしました。今回は10人に提供でき、とても喜んで頂きました。

◆11月8日(木)

【倉敷福祉プラザ】
・支援物資として、びん牛乳1本、ヨーグルト4パック、豆腐3パック、めかぶ3パック、甘酒2ケース、珈琲2ケースをお届けしました。

【船穂公民館】
・支援物資として、びん牛乳2本、ヨーグルト4パック、甘酒1ケース、珈琲2ケースをお届けしました。

【クリーンセンター】
・支援物資として、びん牛乳1本、ヨーグルト4パックをお届けしました。

【まきび荘】
・支援物資として、びん牛乳2本、カフェミルク2本、ヨーグルト5パック、豆腐5パック、納豆5パックをお届けしました。

【ぶどうの家】
・支援物資として、びん牛乳2本、カフェミルク2本、ヨーグルト10パック、豆腐10パック、めかぶ10パック、甘酒2ケース、珈琲2ケースをお届けしました。

【川辺・あるく】
・支援物資として甘酒12ケース、珈琲8ケースをお届けしました。

一覧へ戻る