• 無料サンプル申込 無料サンプル申込 応募する
  • 0120-34-9017

    営業時間9:00〜21:00

産地直結のこだわり商品

  • HOME
  • 産地直結のこだわり商品

商品一覧

見える安心と安全で、家族、地域を守ります。
グリーンコープの商品は、組合員の思いやこだわりがカタチになったもの。
「子どもたちに安心・安全な食べものを食べさせたい」「みどりの地球をみどりのままで
子どもたちに」という母親の願いが込められています。

グリーンコープがこだわる4つのキーワード

「グリーンコープ生協おかやま」は2003年8月に岡山県に設立された生活協同組合です。
現在、約5,500名の組合員が所属しています。
  • 安心・安全・おいしい
    グリーンコープの商品は、組合員の思いやこだわりがカタチになったもの。 「子どもたちに安心・安全な食べものを食べさせたい」「みどりの地球をみどりのままで子どもたちに」という母親の願いが込められています。
  • 顔の見える関係
    グリーンコープの農畜産物はそのほとんどが、長年培ってきた生産者との信頼関係を基本に、「産地直結」で届けられます。「作る人」と「食べる人」とが常に交流・相談を深めながら「顔の見える関係づくり」をすすめています。加えて、独自の「認証制度」を設け、資格を持った認証員が定期的に工場や産地を訪問し、約束どおりの仕様や栽培方法になっているかなどの調査・認証を行なっています。だからいっそう、安心してお使いいただけます。
  • 環境に優しい
    グリーンコープでは、プラスチック容器はなるべく使わずに、びん容器や紙容器を使うようにするなど、リサイクルやリユースにとりくむことで環境にやさしい生協を目指しています。
    たまごのパックは使用後、そのまま次回配送時に返却してください。→ダンボールなどの原料にリサイクル
  • 民衆交易
    商品を共に生み出し、途上国の人々が生産したものを正当な価格で取引することで、人々の自立につながり、私たちは安心・安全な食べものを手に入れることができます。民衆交易によって共に支え合う関係を作っています。

放射能測定に対する取り組み

子どもたちの未来のために、安心と安全を届けたい。
2011年3月11日の東日本大震災での東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能漏れをうけて、グリーンコープでは、供給する取り扱い商品の放射能汚染について、自主検査を行い、その情報を公開しています。2011年 10月からグリーンコープ内に「放射能測定室」を設置し、放射能測定の体制を強化しています。
放射能セシウムの基準値について
2012年4月からの国の基準は、一般食品100ベクレル/kg、乳児用食品・牛乳50ベクレル/kg、飲料水10ベクレル/kg以下です。
残留放射能検査の結果

リサイクルに対する取り組み(4R)

使い捨てをやめて循環型社会をつくりましょう!
グリーンコープはびん容器をできるだけリユースびんにして、自主回収、再使用しています。
繰り返し使うことで資源をムダにせずに、ごみを減らすことができます。
グリーンコープ商品を利用し、まずは返らすことからはじめましょう!
グリーンコープ4R活動とは?