• 無料サンプル申込 無料サンプル申込 応募する
  • 0120-34-9017

    営業時間9:00〜21:00

産直肉

安心・安全をカタチに無・減農薬での栽培が基本

グリーンコープのお肉(牛・豚・鶏)は全て国産です。まずは塩・こしょうで召し上がれ!素材の良さが実感できます。与える飼料や、飼育方法の一つ一つがお肉の旨みをつくり上げています。安心・安全の上に、「なによりもおいしいお肉を」と願う生産者と組合員の信頼関係でつくりあげたお肉です。
  • 生産者と組合員の産直交流
    「安全性が確認できるお肉を」そんな組合員の願いを理解し、生産者とお互いに協力しながら築いてきた畜産の産直関係は、長いところではもう20年以上続いています。生産者やパッカー(カット・スライス・トレー盛り付けする業者)を交えての「精肉学習会」や、南阿蘇の和牛肥後あか牛の「生産者交流会」など、各生協の組合員と生産者との交流も盛んに行っています。「顔の見える関係」がしっかりと育まれているからこそ、グリーンコープのお肉のおいしさが生まれているのですね。
  • 畜舎の環境が一番、薬にも頼らない
    経済効率が最優先される社会で、畜産物の生産についても過密飼いや薬品に頼る等の問題が指摘されています。グリーンコープでは健康に飼育することを第一に考えました。畜種ごとの生理にあわせ、畜舎の衛生管理を徹底し、飼育方法を追求するなど、生産者のきめ細やかな努力と工夫で大切に育てられています。
  • 肥料にもこだわりを
    飼育期間に与える飼料は、遺伝子組み換えでない(non-GMO)原料にこだわっています。現在、産直若鶏、産直親鶏、産直興農牛の飼料はすべてnon-GMOのものです。 産直豚の主飼料(飼料中に5%以上配合)となる原料には、non-GMOの原料を使用しています。また産直国産牛には、non-GMOとうもろこしを与えています。

豚肉

安心・安全をカタチに無・減農薬での栽培が基本

グリーンコープ生協は安心・安全はもとより、伝えたいのは、おいしさです。

健康にじっくり育てるグリーンコープの豚肉

  • ストレスをかけない飼育環境
    豚はとてもデリケートな生きものです。ストレスによって病気になったり、肉質に大きな影響を与えるため、ストレスをかけない環境づくりがとても大事なことになります。グリーンコープでは、開放型の豚舎で光や風が入る、のびのびした環境で育てられています。
  • 餌のこだわり
    産直豚に与える餌は、グリーンコープ指定の原料を使用しています。non-GMO(遺伝子組み換えでない)でPHF(収穫後農薬不使用)のトウモロコシを主飼料に、小麦、大麦など炭水化物を中心にした飼料を与えています。炭水化物をしっかり消化して育った豚は、赤身はもちろん脂も美味しくなります。
    • グラフ:グリーンコープの場合
    • グラフ:一般の場合
  • 一般より長い飼育期間でおいしく育てる
    一般より長い、180〜210日間じっくり育てるので、旨みがのったおいしい肉質になります。
    期間表:グリーンコープの場合 / 一般の場合

●生産者の顔がきちんと見えるグリーンコープの産直肉

豚肉
  • 紅会メンバー
    (福岡・佐賀県)
  • 西岳高原農場(長崎県)
  • 産直豚生産者
    綾豚会2世(宮崎県)
鶏肉
  • 下郷農協・奥江農場
    金丸さん(大分県)
  • 大矢野原農場
    日永さん(熊本県)
  • 秋川牧園 中原農場
    中原さん(山口県)
牛肉
  • 南阿蘇肉牛出荷組合
    (熊本県)
  • 薩州開拓農協
    横川さん(鹿児島県)
  • ふたみ牧場の皆さん
    (岡山県)
  • 知床興農ファーム
    清水さん(北海道)