• 無料サンプル申込 無料サンプル申込 応募する
  • 0120-34-9017

    営業時間9:00〜21:00

産直びん牛乳・たまご・パン

産直びん牛乳

びんの中に美しさがギュッと詰まっています

成分無調整牛乳の時代から数えればおよそ30年。グリーンコープの歴史は牛乳の歴史と言っても過言ではないくらい、牛乳にはこだわり続けてきました。現在の「びん牛乳」はグリーンコープ生協おかやまの誕生の年にほぼ同時に誕生しました。

●グリーンコープの「びん牛乳」とは

  • non-GMO飼料で育てています
    一般的に、母牛の飼料に使われる作物で「とうもろこし・大豆粕・なたね油粕・きな粉」はGMO(遺伝子組み換え)の可能性があります。グリーンコープでは1998年、日本で初めて母牛の飼料をすべてnon-GMO(遺伝子組み換えでない)に変更しました。主原料のとうもろこしは更にポストハーベストフリー(収穫後の農薬不使用)です。
  • 72℃15秒パスチャライズ殺菌
    良質な生乳をより自然な形で、と追求したのが「パスチャライゼーション(低温殺菌法)」です。生乳の持つ本来の成分や風味を損なわない殺菌法です。加えて、ノンホモタイプはホモゲナイズ処理(加圧して脂肪球を砕く処理)を行なっていないため、より搾りたての生乳の風味が活きています。
  • 生産者の顔が見える「産直」
    熊本県菊池地域の約40戸の酪農家が生産者です(2013年4月現在)。子どもたちが牛と触れ合う「酪農ホームスティ」や、母牛のおっぱいをふくための「タオルを贈る取り組み」、また日常的な産地視察などを通して、本当の「産直」=「産地と顔の見える関係」、「お互いに産直が実感できる関係」をつくってきました。
  • カルシウムをしっかり吸収
    右下の実験は牛乳中の水溶性カルシウムが仔牛の胃の酵素であるレンニンと反応すると固まる性質を応用し、生乳を基準にしてかたまり具合を確かめたものです。ノンホモ・パスチャライズ牛乳が生乳とほぼ同様に固まったのに対し、UHT牛乳は固まることなく下のビーカーに流れ落ちました。このことによって、熱による変性を受けやすい水溶性カルシウムが、UHT牛乳には本来の形で残存していないことがわかります。このことは、熱変性しやすいホエータンパクについても同様です。
  • リユース瓶のフロー:ささっとすすいでキャップにつけて返してね!
    環境にやさしい繰り返し使えるリユース瓶
    びんは牛乳のおいしさを大切に保ってくれます。1本約300gの超軽量びんで、約30回リユースできます。またキャップも回収し、他のプラスチック製品にリサイクルします。さっとすすいで、キャップを付けて返してください。

●グリーンコープのびん牛乳物語

グリーンコープの牛乳の歴史は、成分無調整牛乳の共同購入から出発しておよそ30年。88年にノンホモ・パスチャライズ牛乳の開発、98年に母牛の飼料をnon-GMO(遺伝子組み換えでない)に変更。そして03年11月、ようやく私たちの理想のかたち、びん牛乳が誕生!私たちの牛乳は、グリーンコープの成長と共に歩んできました。そしていつもそこにあったのは、家族の健康を願う、組合員の「母の愛情」なのです。
びん牛乳物語:いのちを育む食べもの運動

●牛乳または生乳を原料にして作っています。

  • リッチロール
    リッチロール
  • 生乳たっぷりヨーグルト
    生乳たっぷり
    ヨーグルト
  • 生プリン
    生プリン
  • プレーンヨーグルト
    プレーン
    ヨーグルト

たまご

飼育や環境にこだわった安全でヘルシーな鶏卵

  • 飼育のこだわり
    安心して食べてほしいから、母親に与える飼料からこだわりました。たまごを産む重要な期間、母鶏に与える飼料はすべてnon-GMO原料を使用。また、その中のとうもろこしはさらにポストハーベストフリー(収穫後の農薬不使用)です。
  • 自然の風や日光があたる解放型鶏舎
    赤玉のたまごを産む、元気で丈夫な鶏種の母鶏を、自然の風や日光があたる開放型の鶏舎で飼育しています。ストレスを抑えて、健康的に育てられているため、抗生物質は使用していません。
  • 新鮮なうちにお届け
    「産直たまご」は、採卵日の翌日、もしくは翌々日までに届けます。出荷から配達まで、一貫した低温流通だから、鮮度が保たれています。

●このたまごを原料につくっています。(一例)

  • おひさまいろの
    たまご豆腐
  • 元気なたまごの
    マヨネーズ
  • 生プリン
  • パン類

パン

北海道産と九州産の小麦が原料です

グリーンコープは国産小麦粉のパン作りの先駆けです。
国産小麦でパンは作れないというのが常識だった約30年前、グリーンコープは日本中を探して、パン作りに必要なグルテンを多く含む北海道産の小麦に出会いました。
その後小麦は改良され、2002年にはパン作りに最適な「春よ恋」にたどり着きました。 2007年には「春よ恋」100%で作ったモチモチした食感の風味豊かな食パンができました。